野菜嫌いの子供を克服させる?嫌いな理由って何?克服方法とは?

はりゃこの先輩ママ友

今日は子供の野菜嫌いについて調べてみたわ!
 
うちの子は今の所無い!

“はりゃこ”

 
皆さんのご家庭はどうですか!?子供ってなかなかを食べてくれませんよね。
 
ママやパパは野菜が食べれるのに「どうして食べてくれないの〜?!」と困ってしまうママさんはたくさんいらっしゃることかと思います。
 
自宅に良くある食材だと、
 
MEMO

・ニンジン
 
・ピーマン
 
・トマト
 
・ブロッコリー
 
・大根

 
などであれば料理の色合いとしてサッと使うこともできますし、レシピなどでも使われていることがよくありますよね。
 
 
しかし「緑黄色の野菜を食べてくれない!」ということがあれば、
 
料理の品数が減ってしまったり栄養バランスも偏ってしまうので子供の健康面が心配になってしまうと思います。
 
作る方は栄養面を考えて作るから、食べてくれないと困るよ。

“はりゃこ”

 
では、どうして子供は野菜嫌いなのでしょうか。また、克服方法も気になりますよね??
 
そこで今回は「子供が野菜嫌い!その理由は?どうすれば克服できるの?」についてご紹介させていただきます。
 

はりゃこの先輩ママ友

早速嫌いになってしまう理由からみていくわ!

子供が野菜嫌いになってしまう理由は?

子供の野菜嫌いってママも頭を悩ましてしまいますよね。
 

はりゃこの先輩ママ友

私の子供もこれで悩んだわよ!
 
野菜を食べてくれたと思えば「すぐに口から出す」だとか食べてもいないのに「見た目から判断して食べてくれない」ということもあると思います。
 
せっかく作ったのにママとしても食べてくれないとショック。

“はりゃこ”

 
では、子供はどうして野菜嫌いになってしまうのでしょうか??ここでは、子供が野菜嫌いになってしまう理由についてご紹介させていただきます。

体が危険だと思うから

人間の味覚には「塩味」「甘味」「酸味」「旨味」「苦味」などを舌を通して感じることができます。
 
そのなかでも野菜に多いのは、
  
MEMO

・酸味
 
・苦味

 
なんです。
 
子供は初めて食べる食べ物には、本能的なもので「警戒」をしています。そして酸っぱいという「酸味」や「苦味」を感じることで体が毒物だと認識してしまうのです。
 
食べ物が腐ってしまうと酸っぱいですよね。
 
子供はそれを知らなくとも腐っているものは、嘔吐や下痢になってしまうと「体が拒絶」してしまうので苦手になってしまうのです。
 
体が食べてはいけないもだと認識するものを嫌いになってしまうということなんですね!
 
本能的なものなんだ!

“はりゃこ”

 

はりゃこの先輩ママ友

そうなのよ。守ろうとする防衛本能ね。

子供は味覚や匂いに敏感だから

子供は味覚や匂いに大人よりも敏感だと言われています。
 
それでなくてもママはまだまだ子供だからと薄味を心がけていますよね。
 
塩分の取りすぎは体に悪いからね!

“はりゃこ”

 
そんなときに、野菜の苦味や酸味はしっかりと感じることができるので「嫌い!」となってしまうのです。
 

はりゃこの先輩ママ友

薄味だと逆に野菜の味がしっかり分かるのよ!
 
またピーマンやトマトなどは香りもありますよね。
 
匂いに敏感な子供はその香りが原因によって「食わず嫌い」にもなってしまうのです。
 
ちなみ私も小さいころは「ピーマン」は嫌だった。

“はりゃこ”

子供の野菜嫌いを克服する方法は?

子供の好き嫌いや野菜嫌いは「苦手になる理由」を理解したとしても、栄養バランスのことを考えると食べさせてあげたいですよね。
 
美味しく食べてる子供の顔をみたいからね!

“はりゃこ”

 
では、ママが何とかして克服をさせてあげれるような方法はあるのでしょうか。ここでは、子供の野菜嫌いを克服する方法についてご紹介させていただきます。
 

はりゃこの先輩ママ友

今日のポイントはここね!
 

料理に混ぜてしまう

野菜は匂いや見た目からも、「嫌い」だと子供は思ってしまっていることもあります。
 
そのようなときには「細かく刻んで料理に混ぜる」ということを実してみてください。例えば、ニンジンを細かく刻んで「ハンバーグ」にしてみましょう
 
玉ねぎやニンジンよりも美味しい合い挽き肉と、デミグラスソースのお陰で子供は苦手な野菜が入っていることに気が付きにくいですよ
 

はりゃこの先輩ママ友

これなら嫌いな人参も食べてくれそうね!
 
そうだね!近所のママに教えてあげようっと!

“はりゃこ”

 
またその他にも「すりつぶす」というのもおすすめです。
 

ディップにする

 
マヨネーズやお酢などの調味料を使って「ディップにする」のもおすすめです。例えばトウモロコシをマヨネーズでディップし、マヨコーンにするなどもおすすめです。
 

はりゃこの先輩ママ友

野菜の味を誤魔化すことができるわ!
 
 
その時にキュウリなどの野菜が苦手なのであれば一緒に刻んで入れてみるのも良いでしょう。

環境を変えて食べさせてみる

私が実際に実践をして子供がトマトとピーマンが大好きになった方法なのですが、「環境を変えて食べさせてみる」というのがおすすめです。
 
MEMO

・ピクニックなどお外で食べてみる
 
・じーじやばーばと一緒に食べてみる

 
という機会を作ってみてください。
 
 
私の場合は、子供が苦手な食べ物を子供の祖母(ばーば)が出し、祖父(じーじ)と一緒に食べるというものでした。
 
「食べれたらカッコイイね!」という言葉を聞き、子供はモグモグ…。今までは絶対に食べなかった食べ物なのに、、、
 
食べることができたしさや、褒められた嬉しさによっていまでは「もっと欲しい!」と言ってくれるようになりました。
 

はりゃこの先輩ママ友

環境を変えてみる価値はあるわよ!
 
へえー。なるほどね!

“はりゃこ”

 
やはり、いつも家族の食卓で無理に食べさせるのではなく、環境を変えてトライしてみるのがおすすめです。

可愛らしい見た目にする

子供はキャラクターや可愛らしいものが大好きですよね。嫌いな野菜も可愛らしくママがアレンジしてみてください。
 
例えばニンジンや大根、キュウリなどは、、、
 

これもコツ!

・花柄
 
・星型

 
などに作ることが簡単にできます。
 
 
それらをサラダに入れたり、子供の大好きなカレーに入れてみるのもおすすめです。
 
トマトなどは見た目や味からも苦手なことが多いので、煮込んでトマトパスタにし、他の具材を入れて食べさせてあげるのがおすすめす。
 

はりゃこの先輩ママ友

カレーに入れるのも有効的ね!
 
カレー味だと子供も食べてくれそう!

“はりゃこ”

野菜ジュースにする

子供はジュースが大好きですよね。
 
もし野菜を食べてくれないときには、ミキサーにかけて「ジュース」にするのもおすすめです。野菜だけでなく、果物と混ぜても良いでしょう。
 
そして、ストローなど挿して「ジュースだよ」と飲ませてみてください。あまり気づかずに飲んでくれることもありますよ。
 

はりゃこの先輩ママ友

果物と野菜のバランスを考えたジュースだと飲んでくれるかもしれないわ!
 
野菜をそのまま飲むから体にも良さそうだしね!

“はりゃこ”

 
まとめ

子供の野菜嫌いにはママも頭を悩ましてしまいますよね。
 
しかし「食べなさい!」と無理をさせてしまうと返って野菜嫌いが克服できなくなってしまうとこもあります。
 

はりゃこの先輩ママ友

無理に食べさせようとするだけだとダメなのよ!
 
ひと工夫が大切なのね!

“はりゃこ”

 
子供の野菜嫌いは、年齢を境になくなることもありますので、どうしても食べてくれないときには無理をさせ過ぎないようにしてくださね。
 
また、アレンジをして野菜を気づかずに食べれた時には「美味しかった?」「お利口だね、食べれたね。」と褒めてあげて、
 
また次にも楽しんで食べてくれるように繋げてみてくださいね。
 

はりゃこの先輩ママ友

食べられたら褒めてあげることを必ずしてあげるのよ!
 
褒められればまた食べてくれるかも!

“はりゃこ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。