1歳の子供は保険加入が必須?生命保険?学資保険?医療保険?

子供ができたので、保険の加入を検討しているママ友がいるんだけど、、、

大仏的ママ

はりゃこの先輩ママ友

いろんな人に話しを聞いてるけど、保険は加入しない派とする派に別れているので、どの意見を参考にしたらわからないって人は多いはずだわ

別々の意見に別れているので、なんともいえないなどのお悩みを抱えている人が多いはずですよね。

そこで、本日は1歳向けの保険プランについてご紹介させていただきますので、ご自身のライフスタイルに合った保険を選んでいただけたらと思います。

参考までにご覧ください。

保険に加入する意味とは?

保険に加入する意味は人それぞれなので、まずは実際に加入している人の口コミを調査」させていただきました!

口コミ①
はいってないと困るので保険はすぐに入る事をお勧めしますよ。

 

うちは2人とも児童手当を貯金するのにわりとすぐ口座をつくりました。お年玉とかもここに貯金しています

口コミ②

1歳になる前から入りましたよ。

 

貯蓄型生存給付金お祝い金付きみたいな保険(けがなどの保障も有)で、中学校、高校、大学の、入学時何ヶ月か前にお祝い金が下ります。

 

それぞれの家庭で金額は自分できめられます。うちは毎月2人合わせて20000円代です。中学校、高校はそれぞれ20万、大学入学時は200万下ります。

 

今まで高校入学時まで支払われました。入学時、制服の他にも色々物入りなので助かりました。

お子さんの将来の学費のために保険で学費を積み立てている人が多いみたいですね!

奨学金で子供に借金を背負わせたくないという人や、将来の子供の教育費用を準備するためという方が、上手に保険を利用しているようです!

保険の種類

どのような保険があるのか気になりますよね?続いては保険の種類を見ていきましょう!


保険と一言で言ってもさまざまな種類があるんです!赤ちゃんに対してかける保険の種類としては、主に次のようなものが挙げられます。

MEMO

学資保険医療保険と、

 

傷害保険生命保険(死亡保険)

 

個人賠償責任保険があります。

1歳児のお父さんとお母さんが最初に検討するのは、教育資金の積立が目的の学資保険といえます。

1歳のうちから入っておくと、月々の掛け金が安くなるのでおすすめです。

早くから加入している方が多い見たい。

大仏的ママ

人気がある代表的な保険は?

都民共済、県民共済などが有名で、ママ友が入っていますという人も多いと思います。   

はりゃこの先輩ママ友

 通称、共済と呼ばれる保険よ

保険料の安さと補償の広さで人気なんです。   

 

2つ目が生命保険会社の医療保険です。

有名なのは、アフラックのちゃんと応える医療保険EVER、オリックス生命の新キュアですね。     

終身タイプの保険となっていますので、お子さんが持病になるような病気にかかっても、保険料を払う限り、保険が継続される仕組みとなっています。

注意

ただし、定期タイプの保険は、病気になると、次年度に契約することができませんので注意しましょう

学資保険、こども保険に付加するタイプは、かんぽ生命の学資保険についていたり、学資保険加入時に、薦められるケースがあります。

ただし、性格の違う保険を合わせるので、学資保険は返戻率が下がり、

医療保険部分も、単体の医療保険よりも補償が狭くなりますので、しっかりと検討してから加入したいところです。

ちなみに、私は子供の学費貯金のためにソニー生命の学資保険に加入しています。

ソニー生命の学資保険は返戻率がが高いのが人気だそうですよ!

学資保険(保障)内容はどうなってるの?

先ほども少し出ましたが、学資保険は赤ちゃんが生まれて最初に検討する保険といえそうです。

待望の子どもが生まれた、もうすぐパパママになる、そんなとき話題にのぼるのが「学資保険(がくしほけん)」。

ご両親や先輩パパママからすすめられた方も多いのではないでしょうか。学資保険とは、その名の通り、子どもの学資金(教育資金)を準備するための貯蓄型の保険のことです。

毎月決まった額の保険料を払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金や満期学資金を受け取ることができます。

さらに、突然の事故などにより親(契約者)が亡くなった場合は、それ以降の保険料の払込が免除となり、保障がそのまま継続され学資金を受け取ることができるのも大きな特長です。

学資保険の仕組

はりゃこの先輩ママ友

主にまとまったお金が必要となる「高校や大学の進学のための教育費用として積み立てる」方が多いわね  

生まれてから検討するという人も多いかもしれませんが、学資保険は実は妊娠中から加入することができます。

また早めに加入すると月当たりの支払う保険料が安く済むため、妊娠中から加入するママも少なくありません。

学費の出費を保険でカバーできます。その他の保険については、お子さんが病気にかかってしまったときに出る保険があります。

掛け金の目安とは?

参考ですが、子どもの将来の教育費に向けては、児童手当の月15000円に同額をプラスして、毎月3万円を子ども名義の積立預金で貯めます。 

目安は3万円ぐらいが平均的な金額のようね

大仏的ママ

3歳を過ぎて児童手当が月1万円になったら、2万円をプラスして毎月3万円の積立額は保ちましょう。

子どものお祝い金などを子ども名義の口座に入れているそうなので、その口座に積立分を入れてもいいことでしょう。

ただ、月々の積立はできるだけ手間をかけずに自動的に行えるほうがいいので、生活口座にセットする「自動積立定期預金」を利用するといいことがいえます。

銀行の自動積立にもいくつかのタイプがあり、月々の積立額のほかに随時入金できるプランもあります。

このタイプなら、生活口座から積み立てる分は毎月15,000円にして、4カ月に一度振り込まれる児童手当は、振り込まれるたびに積立預金に移せばOKです。

中学卒業までに500万円くらい貯められ、大学の進学費用を準備できます。ちなみに子供の教育費用(生活費用も含む)としては下記の表が目安となります。

高校生になると、色々とかお金がかかるので少しでも多く貯めておきたいですよね。

はりゃこの先輩ママ友

仮に、お子さんが就職するといった場合でもそのままお祝い金として渡すことができるわ

まとめ

こちらでは、1歳のお子さんに向けた保険プランを提案させていただきました。1歳児のお子さまのプランにつきましては、主に学資保険と終身保険があります。

将来に向けた教育費を貯蓄したいなら学資保険を。もしものときに備えたいなら、終身保険に加入しましょう。

もちろん、両方備えたいなら両方加入してみるのもアリですよ。

 

ちなみに今、保険アドバイザーが無料相談にのってくれます。

ご興味があればぜひご相談ください。素敵なプレゼントもあります。

みんなの生命保険アドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。