妊娠中に風邪を引いた時の対処。マタニティ向け民間療法とは?

※妊娠中に風邪を引いた場合には、お体の事情については必ずかかりつけのお医者様などのご判断などを優先くださいませ。

へっくしょん。。。へ、へっくしょん。。。

天使な赤さん

“はりゃこ”

赤さん、風邪引いちゃった?

メンタルはガチガチに強いオレ様だけど、細菌とかにはめっぽう弱いんだ!ガハハ。。。。へっきゅしょん。

天使な赤さん

今年も冬に入り、風邪なども流行り始めてきましたね!みなさん、体調はいかがですか?

今日は風邪をひいてしまった赤さんにちなんで、

はりゃこの妊娠期間中にかかってしまった風邪の体験談に色々あとから知った情報なども織り交ぜて記事を書きたいと思います!

はりゃこ妊娠中に風邪をひく!

はりゃこは年に1回風邪を引くかどうかの程度な人間です。

なので小さな頃からその方面では健康だった&なまけものだった私は『風邪で学校を休む』人に強烈な憧れを抱いたものでした。笑

“はりゃこ”

風邪引いてマラソン大会とか休みたかった!汗 寒いし、疲れるし!

昔を思い起こせば、よく仮病を使って小学校を休んだりしていましたよね。。。

はりゃこが小さい頃は、右側の水銀体温計がまだまだ使われている時代だったのですがこれって体温をうまくごまかせたんですよね。。。(#^_^#)

体温計の先端を肌でゴシゴシすると摩擦で高温になって、数値が一気に40度まで上がるんだよな。

 

そして体温計を振ると少しづつ温度が下がる機能を利用して、37~38度の真実味のある体温にして母親に提出する!完全犯罪だな!

天使な赤さん

“はりゃこ”

まぁ、ちょっと悪かったなぁと今思えば反省していますが。。。当時は新しいゲーム買った次の日なんかはどうしても休みたくなっちゃって。。。汗

成人してからは生活の不規則などもあってか、あれ?風邪かな?

とおもう症状がちょくちょく出るようにはなっていましたが、あまりにひどければ当たり前のように病院で薬をもらって治していました。

妊娠後期に風邪を引く

そんなはりゃこですが、妊娠後期に風邪をもらっちゃったのです!!

相手は主人の姪っ子!笑 主人の実家にいた時に風邪ひきさんだった姪っ子も来て嫌な予感はしていたんです。。。笑

子供相手にムカついただろ?

天使な赤さん

“はりゃこ”

むかつきはしなかったけど、なんか切なかった。。。笑

これが妊婦でなければ何の問題もなく、病院に行くなり、市販の薬でごまかすなり、自然治癒にまかせるっていう方法なんかで乗り切ったとは思います。

が熱こそ出なかったものの、妊娠後期にいらない止まらない鼻水に喉の痛みや黄色い痰と咳こみ(おなかに余計な腹圧がかかってるし。。。)

これは初産を控えたはりゃことしてすごく不安になりました。

そういえば、妊婦って薬飲めないじゃん!!って改めて思い知らされたわけです。。。

“はりゃこ”

風邪ってみんなどう対処しているの?

そこではりゃこは、風邪を治すために色々するのですが、

その前に他の妊婦さん達は風邪をひくことに関して日頃どうしているのでしょうか?調べていたものをまとめて書いてみます。

そもそも風邪をひかないよう徹底的に予防する!

今日のタイトルに対して本末転倒的なことをいってますが、やはり『日頃から予防』これにつきるようです。。。

予防方法はこれ

・人混みをうろうろしない。(風邪の人には近づかない。)

 

・妊婦なんだし体を冷やす服装はしない。

(寒い日は喉を冷やさないようにネックウォーマーとマスク、足首を冷やさないように厚手のソックスやタイツ、おなかや腰を冷やさないように腹巻きホットパンツ、他にもヒートテックを着るなり、耳を隠すニット帽など着る。)

 

・うがい手洗いの徹底。

 

・日頃から水分をしっかりとる。(熱中症の時はよく気にしますけど実は風邪の時もこの水分補給が大切だと言います。

呼吸器の粘膜の乾燥を防ぐことが風邪を悪化させない方法の一つですし、体を温かく保つことで体内の水分が思いのほか奪われて水分不足になっているそうです!

あと、これも大切なことよね!↓

大仏的ママ

最終的には、ひどくなる前にお医者さんにかかって、必要な場合は開き直って薬を飲む!

はりゃこがやった風邪の対処法

はりゃこの場合は、まず産婦人科の先生に電話で相談しましたが、その病院では風邪を引いた場合はどこか内科にかかられてくださいとの回答でした。

産科に行って、ほかのママさんに風邪をうつしたりしたら大変だしね。

大仏的ママ

“はりゃこ”

というわけで、はりゃこは独身時代から引っ越しをしていて新居からは産婦人科と皮膚科以外にかかっていませんでしたから、初めての近所の内科へといくことになったのでした。

妊娠してからの初内科

 

開口一番、そこのお医者様からはあまり妊婦さんを見た経験がないという話を聞きました。

それもそのはず、はりゃこの住んでいる地域に根付いている産婦人科はどこも内科が併設されていたり漢方薬の処方がありました。

ここら辺では各産院で風邪の妊婦さんの対処ができてしまっていると思われます。ですが先生はそう言った後に一生懸命、薬の辞典を引っ張ってくださいました。

先生から説明されたこと

妊娠中は「薬の成分が胎盤を通過して胎児に届いてしまう」ので薬は選ばないといけないが、そもそもこのケースで西洋の薬で100%安全と言える薬はない。とのこと

これには、人体への臨床実験の少なさから安全と判断されいないことが原因のようです。

大人1人ならできる実験も自分の子供を危険にさらす可能性がある臨床実験に応じる母体が少ないので必然的にデータなどを集めることが難しいようなのです。

なので、動物実験では安全だったかどうかという証明などが基準で薬の危険性のレベル分けをされているようです。

“はりゃこ”

そこから、先生に薬を無事に処方してもらいましたが最後に「飲まなくて我慢できるなら、飲まない方が良いです。」と言われました。

そんな病院を後にして、併設の薬局に処方箋を持って行くと薬剤師の方から、「その薬の在庫がないので後ほどお届けします。」と言われました。

1~2時間後に無事に薬をゲットしましたが、頭の中でやっぱりどうしても先生の言葉が引っかかってしまいました。

「飲まなくて我慢できるなら、飲まない方が良いです。」

わりと珍しい薬だったのかしら?

大仏的ママ

そして、薬を飲まなかったのだ!

そして、ここでようやく今日の本題です。(長かったですかね。。。汗)

ギリギリまで我慢してみよう。。。はりゃこは、せっかくいただいた薬を飲まないことにしました!

さてそうと決まれば、民間療法含めてほかの何かで風邪が早く治る努力が必要だと思い、当時色々調べて結論的にはりゃこがこれらを実行していました。↓

実際にやった事

・水分を1度にではなく、こまめにたくさん取る。(白湯、温かいタンポポ茶、ルイボス茶)気管が常に温かく、潤ってるような状態を意識しました。

 

・ビタミンB、Cを意識的にとった。(体重が結構増加傾向だった私は果物などは御法度でして。笑 ドラッグストアの薬剤師さんに相談して妊婦でも飲めるビタミン剤を購入して一生懸命飲みました。)

 

・風邪に効く生姜湯(生姜+砂糖+デンプン これもよくドラッグストアにて安価で売られています。1日計2~3回くらい、夜寝る前にも飲みました。)

 

・外出時はマスクをする。部屋を加湿する。(喉の乾燥と冷えを防ぎます。)

 

・良質なタンパク質(おもに玉子・鶏肉など)をきちんと食事に取り入れて、暇があれば横になってひたすら寝た。ストレスを貯めない!

要は、体をひたすら温めて、休めて、体の回復力と抵抗力を高めた感じです。

すると、日にちが経過するごとに段々良くなってくる自分に気づきました。「あ、これでイケるな!」そうして結局薬は1度も飲むことはありませんでした。

“はりゃこ”

わざわざ病院まで行ったのに薬に一切手をつけなかった私に、主人は少しあきれ気味でしたが。。。苦笑

ほかにおすすめな方法ってこんなのがあるみたい!

ネットで世界の民間療法の画像を見つけましたので、お借りしてみました。

紐を鼻に通したら、たしかに鼻通りが良くなりそうだわ。。。笑

大仏的ママ

私はまだ試していませんが、マタニティ向けにこんな民間療法などがあるようです!↓

こんな民間療法がある

・ハーブティを飲む。(エキナセアやローズヒップ ※店員さんに相談してくださいね!)

 

・ホットレモネードを飲む。

 

・マヌカハニーをなめる(1歳未満のお子様には御法度なので注意を!)

 

・ドラッグストアの薬剤師に相談の上、葛根湯を服用する。

ちなみにはりゃこは葛根湯を服用しようと思っていましたが、薬剤師さんにお勧めしませんと言われたので、飲みませんでした。

ちなみに、漢方薬を処方する産婦人科では風邪ひきの妊婦さんに対して安全な漢方薬を処方することでサポートできるようです!

これは、とても有効なのではないでしょうか?

まとめ

というわけで、今回は妊娠時期の風邪についての記事をまとめさせていただきました!

今後、『授乳期の風邪』についてや各民間療法の詳しい話を他の話題と平行して記事に追加していこうかなぁと考えています。

また、はりゃこのハーブティーの話もあったりで、情報を共有できたらなぁと思います♪

ちなみに今回などの記事はあくまで『はりゃこの経験談を元に書かせていただいています』ので、参考程度にしていただければと思います。

赤さんも生姜湯飲んでみる?

“はりゃこ”

“天使な赤さん”

そんなしみったれた飲み物なんていらね~よ!オレはピチピチのナースのいる小児科に世話になるつもりだからな!っくしっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA