雨の日過ごし方!子供と自宅でお金をかけずに遊ぶ方法

いつもなら、公園で楽しく走り回ったりブランコに乗ったりとできるのに「雨がつづいてしまう」とお出掛けもできないので子供が退屈に感じると思います。

はりゃこの先輩ママ友

特に梅雨の時期は多いわね

私自身も雨が続くと2歳の子供と「自宅で遊ぶ方法もネタ切れになってしまった」という思いを何度もしたことがあります。
 
では、子供と雨の日に室内で楽しく遊ぶことができるアイデアはどのようなものがあるのでしょう??

子供の雨の日過ごし方!自宅でお金をかけずに遊ぶ方法

 

子供は公園で体を動かして「とにかく動くことが大好き」ですよね。雨の日は「することな〜い」と退屈してしまいがちです。
 
そこで、子供の雨の日過ごし方!子供と自宅で楽しく過ごせる遊びをご紹介させていただきます。
 
スペース的な問題がなければチャレンジしてください

大仏的ママ

 

布団を使って滑り台!

 
一番簡単な遊びで、布団を使って「滑り台」を作ることができます。
 
布団や毛布を重ねて子供と滑って遊んだり、体操マットのような役割も果たしてくれるので「でんぐり返し」をしたりたくさん体を動かして遊ぶことができるでしょう。
 
体が鍛えられたり、たくさん体を動かせるので夜もぐっすり眠ってくれることがママとしてはメリットですよ。
 

はりゃこの先輩ママ友

布団を使って遊ぶときには周辺の家具は片付けて、子供が怪我をしてしまうことがないように対策をしてくださいね。
 

段ボールハウス・トンネル作り

段ボールとカッター、ガムテープがあれば子供も大喜びの段ボールハウスを作ることができます。
 
窓や扉などを取り付けて、ハウスの中に机を置けばいつもとは違うお部屋の雰囲気を楽しめます!
 
いつもと違う場所なので、新鮮さもあり、子供だけのとっておきの「秘密基地」になること間違い無しですよね。
 
さらに「トンネル」を作ってみるのも楽しいですよ!
 
ガムテープで段ボールを複数つなぎ合わせトンネルを作ると、大喜びをして中で動き回ってくれるでしょう。
 

はりゃこの先輩ママ友

体をたくさん動かしてくれること、遊んで自然と笑顔になってくれることがメリットです。
 
おもちゃを隠して「宝探し」なんかも楽しそうですね。

天使な赤さん

 

ボールプール

はりゃこの先輩ママ友

自宅にボールプールがある場合にはそれで遊ぶのもおすすめ。
 
もし持っていないときには、片付けが少し大変ですが、子供スペースに100均などで複数のボールを準備して広げて遊んであげてもOKです!
 
ボールを投げたり、転がしたり埋もれてみたりなど無限に遊ぶことができますよ。
 
我が子の場合はいつもボールの入っていた袋にボールを詰めて、何度も顔にシャワーのようにボールを浴びて遊んでいます。
 
何度も繰り返して遊んでいるうちに「ボールとって」の意味を理解し、話せるようになりました。
 

ダンス

子供は歌って踊るのが大好きですよね。
 
そんなときにはママと一緒にリズムゲームなどをしたりダンスをして体を動かすことがおすすめです。
 
またお気に入りのDVDがあれば、繰り返しかけてあげても飽きずに遊んでくれますよ。おすすめとしては「リズム遊び」のDVDです!!
 
我が子の場合は「英語」を取り入れたダンスのDVDを見てよく遊んでいます。たくさん体を動かして英語耳も育てられることがメリット。
 
ユーチューブなどでもたくさん公開されていますのでぜひ検索してみてください。

大仏的ママ

 

バランスボール

バランスボールは大人用であったとしても子供と遊ぶことができるおもちゃです。
 
ママが子供を抱っこしてトランポリンをジャンプするように跳ねさせてみたり、寝かせたりするのもおすすめ。
 

この体幹を鍛えるのに効果があるのが、バランスボールとのことで。

バランスボールの上に乗ったり、座ったりするだけで、ある程度体幹が鍛えられるようです。

実際にヨーロッパの学校では、バランスボールを椅子代わりにして授業をしている学校もあるとのこと。はあーさすが欧州、なにやらやることが革新的。

はりゃこの先輩ママ友

このような遊びをするだけでも子供の「体幹バランス」が鍛えられるので活用してみてくださいね。
 

ママのお手伝い

ママは毎日お忙しですよね。食事や洗濯、育児など色々とやるべきことがたくさんあります!
 
雨で子供が退屈な日には、時間に余裕があるんので「子供にママのお手伝いをしてもらう」こともおすすめ。
 
子供としては初めてのことばかりなので楽しんでくれますし、お勉強にもなるのでおすすめです。
 
具体的には

・洗濯物
 
・料理
 
・洗い物

などをお手伝いしてもらうのもいいでしょう!
 
私自身も子供に卵を割って溶いてもらったり、洗濯物に洗濯ばさみを挟んでもらったり普段から手伝ってもらっています♪
 
「雨の日だけ」と思ってしたことが子供にとっては楽しかったらしく、日頃から積極的に手伝ってくれるようになったことが大変嬉しかったです。
 
子供とお料理をするときには包丁などで怪我をしないよう見てあげましょう。

大仏的ママ

自宅でお金をかけずに遊ぶ方法ー頭脳編ー

子供と雨の日でも簡単に遊べるアイデアがほしいですよね。ここでは、頭脳を使って遊びをいくつかご紹介させていただきます。
 

パズル

パズルは遊んで楽しいそして脳の発達にもなる大変おすすめのアイテムです。
 
パズルは2歳くらいにもなれば「○△□」などの形のピースがはめれたり4ピースくらいであればイラストのものでもできるようになってきます。
 

幼児教育に興味のあるママや、保育園・幼稚園探しをしたことのあるママなら、

「モンテッソーリ」という言葉を見聞きした人も多いのではないでしょうか?

モンテッソーリ教育とは、自立的・自発的な人間を育てることを目的とした教育メソッド。

モンテッソーリ教育では、数学的な興味が強くなる時期を4~6歳と位置付けており、この時期を逃さずに積極的に働きかけることで、

脳の発達を促す、としています。つまり、この時期の子供は数学的なセンスを育む絶好の時期と言えるでしょう。

特に積み木やブロック、パズルは、指先の器用さのほかに論理的思考力、空間認知力も高めてくれます。

毎日の遊びの中に積極的に取り入れて、子供の能力の芽を育ててあげたいですね。

初めての場合は1ピースからのスタートになりますが、
 

はりゃこの先輩ママ友

パズルには思考能力が鍛えられたり指先が器用になるというメリットもありますので、何度も繰り返して遊ばせてあげましょう。
 

シール貼り

近頃我が子もマイブームなのが「シール貼り」。シールは100均でたくさん入ったものが販売されています。
 
また最近ではシリーズでシールブック付きのものもあり我が子は水族館や動物園、お買い物シリーズのシールブックにハマっています。
 
貼るだけで自分の水族館などを作ることができるので雨の日の遊ぶアイデアとしてはおすすめですよ。
 
リーズナブルな上にシールの数も豊富なので大変便利。

大仏的ママ

折り紙

折り紙は折ったりして楽しむこともできますが「ちぎり絵」をすることもできます。
 
折り紙でなくても新聞でも代用することができますので2歳くらいの子供であれば破ってノリで貼って大はしゃぎしてくれますよ。
 

はりゃこの先輩ママ友

指先が鍛えられたりイメージをする力がつくことがメリットなのです。
 
ノリであちこちがベタベタになってしまうかもしれませんので、ウェットティッシュを準備しておきましょう!!

大仏的ママ

 

テレビ

 
子供はテレビが大好きですよね。
 
録画をしているアニメなどの番組を見せてあげると夢中になってくれるでしょう。例えば、
 
MEMO

・おかあさんといっしょ
 
・アンパンマン
 
・歌番組

などがおすすめです!!
 
「おかあさんといっしょ」はNHKで放送されている番組ですが1〜6歳くらいまでの子供が夢中になってくれること間違い無しです。
 
手遊びやお歌を歌ったりしりとりをしたりなど子供が楽しめる内容になっており、我が子もこの番組の影響で「発語が増えた」というメリットもあります。
 

そしてアンパンマンなどのアニメも「がんばれー」と応援したり、主人公であるアンパンマンになりきってたくさん体を動かして熱中してくれることもメリット。

歌番組もおもちゃのマイクをもって歌ったり、踊ったりなど遊んでくれますよ。

はりゃこの先輩ママ友

テレビは子供が夢中になってママがそのあいだに家事ができることが助かりますよね。
 
注意

テレビの見せ過ぎは目が悪くなってしまったり、コミュニケーション不足を招いてしまうこともありますので長時間は見せすぎないように時間を決めて見せるように注意してくださいね。
 

おままごと

女の子であれば自宅でおままごとなどをして遊ぶこともできますよね。
 
おままごとセットがあるのであれば良いのですが、もし持っていない場合は毛糸やフェルト、手書きなどで簡単にお野菜や果物を作ってあげましょう!!
 
おままごとに使用するおもちゃは、昔と今ではずいぶんと進化しています。
 
今では100円均一に行っても おままごと用のお皿や食べ物、スプーンなど豊富に揃えることが可能です。

また、実際に簡単な食べ物が作れるキッチンなども売られていて、 ずいぶん本格的に楽しめるようになっています。

 
料理を作る真似をしたりする中で、想像力を膨らませることにも繋がり、 心が豊かになるという重要性をもっています。
おままごとは料理に興味を持つことができたり、想像力が豊かになるのでおすすめですよ。

大仏的ママ

 
そして、おままごとの本体であるキッチンも段ボール箱で簡単に作ることができるので作ってあげてくださいね。
 

絵本

絵本はお話を聞いて考えたり、イラストを見て感性を育むことができます。

小さなお子さんであっても簡単なお話(形や動物など)であれば、自分でめくって楽しんでくれますよ。
 
勉強にもなるので、ぜひ何冊か雨の日用に用意してあげても良いでしょう。私がおすすめなのは、
 
MEMO

・いないいないばあ
 
・だるまさんがシリーズ

がおすすめです。

「いないいないばあ」は1〜3歳くらいまでの子供が自分でめくって楽しんでくれますよ。

この本は0歳のときに購入し、はじめはあまり楽しんでいる様子がなかったのですが少しずつ「いないいないばあ!」という意味を理解すると笑ってくれるようになりました。

猫やクマ、キツネやネズミなどの様々な動物が登場するので子供も「にゃーにゃ!」「ばぁ!」と2歳になってからも一緒に言って楽しんでくれます。

この絵本があれば子供が笑顔に。

そして「だるまさんが」シリーズは、大人でもクスっと笑ってしまいそうになる大変面白い絵本でした。

はりゃこの先輩ママ友

このストーリーは、「だるまさんがどうなるんだろう?」と子供の興味をそそることができる絵本で、絵本の世界に入り込むことを知った我が子は「絵本が好き」になってくれました!

絵本好きになって欲しいときにはこの1冊がおすすめだそうよ。

大仏的ママ

まとめ

体を動かすのが好きな子供ほど雨の日だと退屈だと思います。
 
しかし、様々なアイデア次第で室内でも少し運動したり、自宅でもたくさん遊ぶことができるのです。
 
同じものばかりでは飽きてしまうときには、グッズをわけて雨の日にローテーションにしたり新しいものを準備してあげるのもおすすめです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。