育児ママに多い【4つの悩みの原因と解決方法】育児ママは必見!

“はりゃこ”

最近疲れが酷くて。。。
 
はりゃこママも疲れが溜まっているのね。

“はりゃこの先輩ママ友”

 
子供が生まれるとママも「自分に余裕がなくなるくらい」バタバタとしてしまいますよね。
 
特に小さいうちは子供が突然体調を崩して、病院へ連れ行かなくてはいけなかったり、
 
赤ちゃんが泣き止まず、「どうしていいかわからない」とママ自身も悩んでブルーになってしまうともあると思います
 

“はりゃこ”

そうそう。赤ちゃんの泣き止まなかったりして。。
 
子供は十人十色それぞれ性格も異なりますが育児をしているとママには「共通した悩みごと」が出てきます。
 
そんな悩みごとに直面したとき、どのように対処していますか?またどのように解決すれば良いと思いますか?
 
今回は「ママに多い悩みごと4つとその解決法」についてご紹介させていただきますわ。

“はりゃこの先輩ママ友”

育児ママに多い悩みごと4選

ママに多い悩みごとはどのようなことがあるのでしょうか?
 
子供が生まれればママも初めての「育児」に四苦八苦してしまいますよね。
 
全てが初体験。そりゃ知らない事ばかりだからね。

“はりゃこの先輩ママ友”

 
子供のお世話が大変で、自分がメイクをしたり美容院へ行ったり、お出かけをするような時間も余力もなくなってしまった!というが当たり前だと思います。
 
そんな、初ママになってから直面する「悩みごと」はどのようなことがあるのでしょうか??
 
いくつかご紹介させていただきます。

“はりゃこの先輩ママ友”

パートナーに関して

産後のママによくある悩みごととして「パートナーに関して」です

結婚してからずっとうまく行っていたのに、子供が産まれてからギクシャクしたり、すれ違いができて「喧嘩が増えた」いうことはよくある話しです。
 

“はりゃこ”

旦那さんは外でお給料を稼いでくれているのは本当に感謝しないとだけど、、、
 
 
「男は仕事」そして「女は家事、育児」という区別をしているパートナーは育児を全く手伝ってくれず、
 
一人で育児をしなくてはいけない「ワンオペ育児」状態になってしまうことも。
 
このようにパートナーが育児を手伝ってくれないということを不満に思って悩んでいるママさんは、たくさんいるはずです。
 
1人で抱え込んでしまって、どうして良いか分からないのよね。

“はりゃこの先輩ママ友”

育児に関して

ママがとにかく悩むことは「育児!」ですよね。

子供に「こうなってほしい」「こうであってほしい」と思っていても真っ直ぐレールを走ってくれるわけにもいかず、
 
 

MEMO

 
・言うことを聞かない
 
・イタズラなどの問題行動が多い
  
 
と、どうしたらいいの?と悩んでしまうこともあるでしょう!
 
時にはママもイライラしてつい「叱ってしまう」こともあるかもしれませんが、
 
いつも叱ってから子供のシュンとした姿を見て「叱りすぎたかな」「今日も怒っちゃったな」などと後悔の念に苛まれることもあるかもしれません。
 

“はりゃこ”

怒った直後は気が高ぶっているからだけど、時間を置くと冷静に考え直したりする。
 
育児では、子供の「叱り方」についても悩んでしまいます。また小さな子供を持つ初ママの場合は、
 

MEMO

・授乳が大変
 
・夜泣きが酷い
 
・眠ってくれない
 
・卒乳ができない
 
・パパ見知りが激しい
 
・ご飯を食べてくれない
 
・オムツがはずれない 

 
などといったことで「どう接してあげたら良いのか」「どうすれば改善されるのか」と頭を悩ましてしまうこともあるでしょう。

体型に関して

 
子供が産まれてからは自分のお風呂やトイレの時間もままらないですよね。
 
そして忙しさのあまりに、つい間食が増えてしまうママさんもいらっしゃるかもしれません。そして自分の「体型」をみてマズイ!!と感じてしまうことありませんか?
 
私自身もだったのですが、産後暫くしてから、
 

MEMO

 
・体重が増えた
 
・胸が小さくなってしまった
 
・お尻が垂れてしまった
 
 
 
などということがコンプレックスになりました。
 
体重なんて15kgオーバーだったので本当に焦る反面、忙しさからついつい食べてしまったものです。
 
ついつい食べちゃうわよね

“はりゃこの先輩ママ友”

 

“はりゃこ”

私しも主人に最近「大きくなった!?」と言われて、意識し始めたわ。やばいって。汗

ママ友付き合いに関して

声を揃えて出る意見がこれよね!

“はりゃこの先輩ママ友”

 
ママになればサークルや習い事、保育園などでの「ママ友付き合い」がはじまりますね。
 
特に多いのが「子供同士が喧嘩をし、関係悪化をしてしまった」ということなどの悩みごとです。
 
自分の子供は何もしていないのにある日ママに、
 

MEMO

 
・無視をされてしまう
 
・子供が近付くと避けられる
 
・お友達と遊ばせてもらえなくなる
 

 
など子供にまで悪影響が出てしまうこともありますよね。このようなママ友付き合いに関する悩みごとも耐えないものです。
 

“はりゃこ”

これがいい一番精神的に来る。本当に嫌だよね。

ママの悩みごとの解決法

ママの悩みは尽きませんよね。
 
本当そうよね!

“はりゃこの先輩ママ友”

 
「どうか解放されたい!」と辛い気持ちから考えてしまうこともあるかもしれませんが、前述のような悩みごとを少しでも解決する方法はあるのでしょうか。
 

“はりゃこ”

早く解決方法を教えて!
 
ここからは、先ほどのママの「4つの悩みごとの解決法について」説明していきます!まずは参考意見としてみてください。

パートナーに関して

まずはじめに、「パートナーに関する悩みごと」の解決のヒントをみていきましょう。
 
パートナーは仕事を言い訳に育児を手伝ってくれないこともありますよね。「イクメン」という言葉はうちには無関係…
 
なんてママさんもいらっしゃるかもしれません。
 

ここがポイント!

 
まずはできる限り「家族の時間」を作ることからスタート。
 
無理に「手伝って」とお願いするのではなく、パパが自分から「してあげよう」と思ってくれるような環境を作ることから始めてみる。
 
 
お互いに余裕がないとは思いますが、相手が考えられる時間を作ってあげる事。少し気持ちにゆとりと持ってもらうことが大切なんです。
 
例えば「3人で一緒に過ごす時間を少し作る。子供が寝ている時に、パパとママで話す時間を作るなど」です。
 
 
パパと、子供が遊ぶ時間を作る事も大切ですね。
 
パパ自身も子供と面と向かって接して遊ぶ時間が出来れば「父親としての責任感」も湧いてくるでしょう。
 
すぐにとはいきませんが、少しでもママの負担が減るように「周りの環境を作るを実践」してくださいね!
 

“はりゃこ”

そうか!今まで全然相手のことが考えてあげられてなかったな。。。
 
気持ちにゆとりが出来れば、相手に優しく接する事もできるはずだわ!

“はりゃこの先輩ママ友”

育児に関して

育児に関しての悩みごとは、ひどいと「ノイローゼ」になってしまうママもいらっしゃいます。
 
そのようなときに「こうすれば解決する」という手立てはすぐに見つからないかもじれませんが、辛くてどうしようもないときには
 

ここがポイント!

 
・自分の両親
 
・市の児童支援センター
 
 
などに相談をしましょう!もちろん相談料金も無料で相談できます。(各市町村のホームページを参照)
 
1人で悩んでいても解決しません。

“はりゃこの先輩ママ友”

 

“はりゃこ”

言葉にして、誰かに相談する事。抱えないことが大切なのね!
 
育児の悩みごとが解決しなくとも前向きになれたり、別の視点で物事を考えれるようになることもあるでしょう。
 
また、育児のトラブルでどうしても困難が続き「解放されたい!」と思い悩んでしまうときには保育園などである「一時預かり」を利用してみるのも1つの手段です。
 
悩みごとから解放をされなくとも、
 
そのときだけでも「ゆっくり自分の時間を作る」ことで、考え方や子供との接し方を改めて見つめ直すことができるかもしれません。

体型に関して

体型に関して悩みごとがあるのは正直、ママのほとんどです。あるデータによると産後のママの「約80%」が自分の体型に悩んでいるんです。
 
育児の忙しいときにはあまり無理せず、気にしすぎないことも1つの考え方でしょう。
 
ここがポイント!

 
ダイエットをしたい!と思っている方は、
 
自宅でも簡単に行えるような「エクササイズ」や矯正などに使える下着やクッションを取り入れてみるのもおすすめ。
 
 
あとは「市町村行が独自でおこなっている、ヨガ教室やスポーツイベント」などに気晴らしに参加してみてはいかがでしょうか??
 
市町村が行っているので参加費は格安で参加可能なはず。気持ち的にもスッキリできると思います。
 
 
出会いの場所にもなるので「気が合うママ友」も作る事ができ、一石二鳥ですよ!

ママ友付き合いに関して

ママ友付き合いはうまくいかない事があると子供にも悪影響がでてしまうので不安になってしまいますよね。
 
全ての方に言えるわけではないのですが、例えうまくいかないママ友がいたとしても保育園から小学生までずっと同じというわけではありません。
 
割り切る事も大切よ。

“はりゃこの先輩ママ友”

 
ママ友とはうまくいく人もいれば、そうでない人もいます。100人いて100人と仲良くなれるわけがないんです。
 
MEMO
関係がうまくいかないのであれば、悩んでまで無理に付き合わず、分は「子供のために」ニコニコとしていればいいのです。
 
そう簡単にはいかないかもしれませんが、笑顔と挨拶、礼儀などだけは子供のお手本となり、悩みごとになってしまうことは勇気を持ってスパッと断ち切きる事も大切です
 
気が合う他のお友達を見つけて、気にしないことがママや子供にとっては一番ですよ。

まとめ

 
ママになると悩みごとは尽きませんよね。パートナーや子育てのこと、自分の容姿などで悩みごとを持つママはたくさんいます。
 
自分が悩んでしまうことは、信頼できるお友達や両親などに打ち解けてみましょう!
 
誰かに話すことができるだけでも気持ちが前向きになれることだってあるかもしれませんよ。
 
自分の中に溜め込む事が一番怖い事なの!

“はりゃこの先輩ママ友”

 

“はりゃこ”

小さな事、何でも話すとなんかスッキリするからね
 
辛いときや悲しいときには無理をせず、深呼吸して自分の時間を作ってみてくださいね。1人じゃないので誰かを頼ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。