名前のグローバル化!? 女の子、男の子の国際的な名前とは?

今日は名付けに関するお話しよ。
 
日本らしい名前と言えば、「○○子」など子がついたりする名前ですよね。
 
現在でも昔から馴染みのある、さえこ、たかこ、ひなこ、みなこなど可愛らしい名前がたくさんあります。
 
そのような名前も可愛らしく非常に人気ですが、
 
近年では2020年に世界的なオリンピックが日本で開催されることや、英語の授業が小学校で導入されるなど「グローバル化」が目立つようになってきましたよね。
 
「外国人でも発音しやすい名前」ついて、どのようなものがあるかということが考えてみました。
 
「外国でもいるような名前」だと親しみを持ってもらえて覚えてもらいやすくなりますよね。

 

今回は「女の子、男の子の国際的な名前とは?」についてご紹介させていただきます。
 

女の子、男の子の国際的な名前をつけるときのポイント

キラキラネームも流行しましたが、グローバル化に伴い「海外でも通じる名前にしよう!」と考えられるママも増えてきているようです。
 
しかし、無計画に外国人でも通じそうな雰囲気の名前にしてしまうと、、、
 
MEMO

・読みにくい
 
・勘違いされてしまう

などと、あとから後悔をしてしまう可能性も。ではどのように付ければ良いのでしょうか?
 

ここからは、海外に通じる名前をつけるときのポイントについてご紹介していくわよ。

言葉の「意味」に気をつける!

海外でも通じる名前をつけるときには海外で「どんな意味になるのか?」ということを知っておくことが大切です。
 
意味が変わってしまい、良くない意味の名前になってしまうこともあるので注意が必要です。
 
例えば、
 

フク(Fuku)fack
 
ヨウ(Yo)you
 
ダイ(Dai)Die
 
ヒトミ(Hitomi)hit me 

など、差別用語や暴言に近い言葉、勘違いを生む言葉になってしまうのであまりおすすめできません。
 
言葉の意味をしっかり理解してから名付けするべきね。

a」「o」に気をつけて

イギリスなどにはそのようなルールはないのですが、ヨーロッパなどの国では、
 

MEMO

aが末尾に来る名前は「女の子」
 
oが末尾に来る名前は「男の子」

という末尾のスペルで性別の判別をしやすいです。

 
例えば男の子で
 

MEMO

・タクマ

・トウマ

・ユウマ
 
・ヒロヤ
 
・ユウヤ
 
・コウヤ
などの「a」で終わる場合には、スペルから女の子と勘違いされてしまうことがあるようです。
 
女の子だと、
 
MEMO

・ミオ
 
・リオ
 
・タオ
 
・マホ
 
・リホ
 
・ミホ

などの「o」で終わる場合には、スペルから男の子と勘違いされてしまうことがあるそうなので、ヨーロッパなどの国の言葉も調べる必要があります。

末尾が「ト」は発音を外国の方に伝える

海外の一人でもはcatをキャッツと読みますよね。この「ツ」になってしまうことを気をつけなくてはいけません。
 
例えば、
 
MEMO

・マサト(Masat)
 
・ヒロト(hirot)
 
・カイト(Kait)

などの「ト」終わりは「ツ」と読んでしまいます。
 
「マサッツ」「ヒロッツ」「カイッツ」などと「ト」を読まないことが多いので発音を相手に伝える必要があるでしょう。

L」「R」を使うときは気をつけて

外国人であっても「ラリルレロ」などの発音は難しいそうです。
 
これは日本人でも同じで、発音しにくいですよね!

 
例えばリエ(Rie)だったとすると「ライ(Rie)」となったり発音が変わってしまうこもあります。

国際的な女の子の名前とは?

では、グローバル化が進む現代で日本だけでなく海外でも「分かりやすい」「親しみやすい」と思ってもらえるような名前はどのようなものがあるのでしょうか?

また「その言葉の持つ意味」もあるのではあれば気になりますよね。。。
 

そこで、ここでは海外でも通じる女の子の名前についてご紹介していきますわ!

サクラ(Sakura)

 
「サクラ(Sakura)」は、発音もあまり難しくなく海外でも通じる名前です。
 
サクラと言えば「桜」、つまり日本の象徴のようなものですよね。外国人であっても「桜」という言葉は広く知られているのでおすすめです。

リナ(Lina)

 
「リナ(Lina)」という名前は海外でも見かける名前です。
 
またこの言葉には「柔らかい」という意味があるので「優しい女の子に育ってほしい」という願いを込めることができますね。

マリカ(Marika)

 
「マリカ(Marika)」という名前は海外でも発音がしやすく日本でも近年人気になっている名前です。
 
このマリカ(Marika)には「女王」という意味もあるので「責任感のある強い女の子になってほしい」という願いを込めることができるでしょう。

ハナ(Hana)

 
「ハナ(Hana)」という名前は「花」という漢字で名付けるママさんも多いですよね。
 
このハナ(Hana)という言葉は海外では「恵み」という意味があります。

マリナ(Marina)

 
「マリナ(Marina)」はヨーロッパ圏でよく見かける名前でもあり、日本でも馴染みがありますよね。
 
この言葉には国によって様々な意味があり、穏やかなイメージや太陽神の名前にもなっています。
 
「穏やかな性格ですくすくと育ってほしい」と願いを込めることができます。

リサ(Lisa)

 
「リサ(Lisa)」は日本でも海外でもよく見かける名前ですよね。
 
こちらの名前は海外では「ライザ」と発音することもあるようです。リサの語源は「エリザベス」でもあるので寛大なイメージがありますね。
 
日本であれば、「理沙、里紗」などと付けてあげることができるでしょう。

サラ(Sarah)

 
「サラ(Sarah)」という名前は、沙羅、咲良、など様々な漢字で日本にも馴染みがありますよね。
 
この名前は「プリンセス」という意味があるので海外でも名付ける人が多くおり、女の子には非常に可愛らしいイメージがつきます。

エマ(Emma)

 
「エマ(Emma)」はドイツやアメリカなどで人気になっている名前です。アメリカでの名付けランキングの1位にも輝きました。
 
フランス語では「神と共に」という意味を持つので愛情や信仰心を込めて名付けてあげることができるでしょう。
 
とても神聖な名前なんですね。

レナ(Rena)

 
「レナ(Rena)」という名前はロシアでよく見かける海外でも人気の名前です。
 
「喜び」という意味もあるので、産まれてきてくれた感謝を込めて名付けてあげることができるでしょう。
 
日本であれば、玲奈、麗奈などと付けてあげることができます。とっても可愛らしい名前ですね。

アン(Ann)

 
「アン(Ann)」という名前は海外でも発音がしやすく人気になっています。
 
「杏ちゃん」などという名前にしてあげればとても可愛らしいですね。

国際的な男の子の名前とは?

ジョージ(George)

 
「ジョージ(George)」という名前は海外の男性でメジャーになっている名前です。
 
英語での意味は「耕す人」という意味を持つので自然味にあふれた人になってくれそうですね。
 
アメリカのジョージ・ワシントン氏や日本では所ジョージさんなど様々な著名人がいます。

レオン(Reon)

 
「レオン(Reon)」という名前は近年日本で人気になっています。
 
レオンだけでなく、「レオ」「リオン」などは「ライオン」に由来をしているので男の子らしくたくましい願いを込めて名付けてあげることができます。
 
男の子らしく、非常に格好良い印象ですね。

ジューン(June)

 
「ジューン(June)」という名前は海外でも「6月」という意味があるので発音がしやすいです。
 
6月生まれの男の子に名付けるときにおすすめです。

ルイ(Louis)

 
「ルイ(Louis)」という名前を聞くと芸能人の栗原類さんが浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。
 
この「ルイ(Louis)」という英語は響きは柔らかいですが「名高き戦士」というとても強いイメージを抱くことができます。

ケント(Kent)

 
「ケント(Kent)」は日本の男の子の名前ランキングにも上位になっていますよね。
 
この「ケント(Kent)」という名前はイギリスやアメリカなどでも人気になっており、海外では呼びやすいです。
 
海外映画でもよく耳にする名前ですよ。日本であれば、「健斗」「賢人」などと名付けることができます。

ヒロ(Hiro)

 
「ヒロ(Hiro)」は海外では「ヒーロー」という英語があるので「英雄」という意味を込めて名付けてあげることができます。
 
海外でも親しみのある発音ですよ。

ジョー(Joe)

 
「ジョー(Joe)」という英語は海外で「兵士」という意味があります。この言葉を聞けば、男の子らしい、強いというイメージを抱くことができます。

ノア(Noah)

 
「ノア(Noah)」という名前はキラキラネームっぽく日本でもオシャレに名付けてあげることができます。
 
男の子にもいますが、女の子でも可愛らしいですね。

ケイ(Kei)

 
「ケイ(Kei)」という名前は日本でもメジャーで、「慶、圭、啓」などの漢字を使って名付けることもありますよね。
 
こちらも海外でも馴染みのある発音なので世界共通で使いやすいですよ。

エイト(Eight)

 
「エイト(Eight)」という英語は海外では数字の「8」の意味があるので発音がしやすいです。
 
縁起の良い数字でもあるので、「瑛斗」「詠人」などして名付けてあげることができます。

まとめ

日本的で古風な名前も素敵だと思いますが、日本人に国際的な名前をつけるのもおすすめです。上記で説明した注意点を確認しましょう。
 
親として子供が元気に育だって欲しいと願いはもちろんです。
 
さらに個性的で周りと被らず、自分らしさを大切にしてほしいという願いを込めて、少し国際的イメージの名前をつけるパパやママが増てるはの事実。
 
そこで一番大切なのは、しっかりとした意味持たせての名前をつけてあげることだと思います。他には無いオンリーワンの名前をつけてあげられるようにしましょう!
 
 
合わせて読みたい記事はこちら!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。