幼稚園の若先生が勝手にテスト!?とても不愉快だった話。

 

これはとある日に、旦那さまの妹の友人のA子さんが起こした事です。みなさんもどう思うか?考えてみてください。

妹の友人が幼稚園の先生??

はりゃお(夫)がこはりゃこ(娘)と一緒にはりゃおの実家にいた時のこと。。。

はりゃおの妹が友達と新年会をするので、2人の子供を実家に預けに来ていたようなのですが、そこにはりゃおの妹の友達Aさんも一緒だったそうです。

この友達Aさんは、その辺りの幼稚園の先生をしているそうで、年齢は20代中盤。

どうやらその後に何らかのテストを子はりゃ子におこなったんです。。。

何のテストをした??

 

子はりゃこに会ったときに、挨拶がてらこの友達Aが「子はりゃこ」に何かの動作反応テストをしたようです。

特にお願いしたのでは無いのですが。。。

そのテストではどうやら子供の社交性の能力がわかるそうなのでしたが、

その結果としては。。。
~社交性無し&ごく普通の子。

ちなみにこの友達Aがはりゃおの妹の娘(姪)にしたところ、とても反応が良かったと褒めたそうで、義母もこの子は特別な子だと嬉しそうに言っていました

ぷっつんキレた!!

後から来てそれを聞いたはりゃこは「ぷっつんキレて」、とりあえずはりゃおに説教しました。

「怒りなさいな!」はりゃ子は正直こう思ったのです。

妹の友達だっていうが旦那も幼なじみというわけでもなく、そんなに面識も無い子で、また若くベテラン先生と言うわけでもなさそうで。。。

ここにキレた

十人十色でいいはずの子どもたちの特性を試し、この子はすごい子だとかこの子は一般的な子だとか一瞬で振り分けて、

 

軽々しく本人を含めた人たちの前で発言・言い切ってしまったこの友達Aさん

百歩譲って、友達Aさんが単に、はりゃおの妹と母に「気に入られたくて、ヨイショ」をしたただけなのかもしれません。。

勝手にテストして判別された

その時に引き合いに出されてしまったもともと関係の無いこはりゃこにとってはどうだろう??

両親である私たちが社交性のテストをしてほしいとAさんに頼んだわけでは無く、勝手に身内といえども人前でテストされ、

結果、3歳の姪っ子が特別だと褒められて、

こはりゃこは反応が良くないがでもこれが一般的ではりゃこは特別では無く普通の子だと言われ、若干一歳で優劣を付けられてしまったのだ。。。

ちなみにこのテスト内容ですが、Aさんがそれぞれの子に手を振って子どもたちがAさんに笑顔で反応するかを見るというものだったそうです。

 

こはりゃこはAさんに露骨に無表情だったそうです。それって単にAさんになつけば特別で社交性有りってこと?笑

“はりゃこ”

“天使な赤さん”

そもそもそんなテストだけで何がわかるの??不思議すぎるわ!

今のこはりゃこには、大人の言葉は理解できない。だからって、何を言われても良いわけはないはずだ。

これで幼稚園の先生をしているんだというAさん。

私はこんなことを人様にツラっと言う友達はいないしいらないし、こんな人が担任になるんならお金かかっても園を変えたいと思います。

“はりゃこ”

現行犯なら、ガッチリいってやったところです。

まとめ

甘やかすつもりは無いけど、子どもの個性は様々だと思っていて。

人様に迷惑をかけない限りは、私たち大人の都合で良いだの劣っているだの物差しを付けて押しつけるつもりはないですね。。。

少し話しの内容が変わりますが、人の良い部分を見つけるって大変なこと何ですよね。どうしても人間って粗探しをしちゃうので。。。

普段から意識して探そうとしないと発見できないんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。